見た目年齢に差がつく目の下のしわ|若返りへ大きく前進

婦人

シミのない白い肌を維持

化粧水

メラニン色素の生成を防止

ビタミンcを果物やサプリメントなどで摂取すると、肌の白さが保たれやすくなることが知られています。これは、ビタミンcにシミの原因となるメラニン色素の生成を防ぐ力があるからです。そしてシミができる肌表面に直接ビタミンcを与えれば、シミは一層防がれやすくなります。そのために多くの人が、ビタミンc誘導体が配合されているローションなどの基礎化粧品を使用しています。メラニン色素は、肌が紫外線を浴びることで作られやすくなります。しかしビタミンc誘導体を肌に与えておけば、紫外線を浴びても肌ではメラニン色素が作られにくくなります。つまり日差しが強く紫外線量の多い日に外出をしても、シミのない白い肌を維持することが可能になるのです。

変質を防ぐために

ビタミンc誘導体は、正確にはビタミンcとは異なる成分です。具体的には、肌に浸透することで酵素分解されて、ビタミンcとなるのです。なぜ基礎化粧品に、ビタミンcそのものではなくビタミンc誘導体が配合されているのかというと、ビタミンcが変質しやすい物質だからです。つまりビタミンcをそのままの状態で肌に与えても、浸透する前に変質して、力を発揮しなくなってしまうのです。しかしビタミンc誘導体なら、変質することなく肌に浸透しますし、浸透後にビタミンcとなって本来の力を発揮するようになります。また、ビタミンcは水溶性の物質なので、肌を覆っている皮脂にはうまくなじみません。ところがビタミンc誘導体なら皮脂にもなじみ、その下へと浸透していくことができるのです。